スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あま~い手作り
最近、帰宅するとあま~いかおりがします。

子供たちがお菓子作りにはまっています。




ベイクドチーズケーキ
今日はベイクドチーズケーキ





ちんすこう
昨日はちんすこう




ガトーショコラ
おとといはガトーショコラ







なんか、おいしくできています。

やるじゃん!!


うちの女子は全員ダイエットのはずだけど・・・・ま、いっか



小さいとき、せっせと手作りお菓子を作ってやった
甲斐があったというものです。



「かあさん、塩ってどのくらい?」

「あっ、それなら岩塩使えば? 小さじ1くらいで」



というアドバイスができるのも、専業主婦のとき
三食+デザートを手作りでがんばったおかげでしょうか。



夜遅くなっても、手作りのだんな様の夕食と子供たちのデザート。

仕事もがんばれるっていうものです。




♪~なんでもないようなことが幸せだった~♪ りするのですね!




幸せな暮らしの提案をめざして
+stage HARA



スポンサーサイト
巡り会い
人との付き合いって、ほんと不思議です。
たくさんの人の中で、無意識に自分が選んで
付き合っているのだと思います。

どんな人も、がんばっていて、かわいくて、すてきで、
でも
悩んでいたり、苦しんでいたり、いじわるだったり、

そんなこんなをひっくるめて付き合っていく楽しさを
最近は感じられるようになりました。

仕事の付き合いだとしても
その人の生き方に寄り添って、一緒に考えられるよう
心がけています。



平成2年4月22日

偶然‘よい(4)夫婦(22)の日’が私たちの結婚記念日です。
よい夫婦だかどうだかわかりませんが、
ダンナさんは巡り会えてよかったと思える人です。

記念日少し前ですが、ご飯を食べに行きました。

一緒にいてリラックスでき、
価値観も近くて、
お互いのこと一番よくわかっていて、

そして、ちょっぴり気を使いあって、

幸せを感じあえる人とはそうそう巡り会えないでしょうから、
巡り会えた私はとても幸せです。




震災で家族を失った人がどのくらいいるでしょうか。
どのくらいの悲しみでしょうか。

想像もできませんが、その気持ちに寄り添って、
日本の経済のほんの隅っこをお手伝いするために
いつまでもじっくりがんばることが私にできることです。




休みの日は、いろんな事考えます。

私の周りの人の幸せのために、
役に立てるよう日々すごします。


+stage HARA

こんな感じでクロスカントリースキー
クロスカントリースキーって何?! って方のために

ゴルフの石川遼くんがトレーニングに採用してるこんなのです。
36191_600400.jpg
まんなかは遼くん


カービングなんかのスキーとは勝手が違います。
エッジがなく、かかとが浮きます。

そして、板が細い!!

下りやコーナリングはかなりテクニックがいります。
上りの坂も上ってゆけます。

走法はクラシカルとフリーがあり、
それぞれ、走力だけでなく、ワックスやとめの選択も
勝敗を左右します。




クロカン01
大会会場:たいらクロスカントリースキー場のスタート地点



クロカン02
会場全景:右の斜面を登って、山の中のコース3キロを上り下りして帰ってきます。




クロカン03
こんなのぼりだって走って登ります。



小学1年生で1キロ、高校生男子で長いときは15キロを走ります。


明日、大学生と中学生の娘二人は5キロのクラシカル走法。
どんなワックスを使って準備するか・・・・

明日の気温と雪温とスタートの時間など
雪の状態をイメージして準備します。

体力やテクニックだけでなく、
自己管理と忍耐力も試されます。


明日は4時起きで弁当です。

クロスカントリースキー
今日も平スキー場に行ってきました。

中高生の躍動感あふれるすべりを見るだけで
感動でき、心が洗われるようです。

どの子もみんながんばっていますが、
それぞれにいろんな思いを抱えているはず。

自分の体格や体力に不安を抱えていたり、
勉強との両立に悩んでいたり、
家族との問題がこころに引っかかっていたり、

結果を出せる子、出せない子。

そんないろいろを全部ひっくるめて
がんばってきた経過を応援してあげたいと思います。


明日はリレー競技・・・競技人口の少ない中
学校でリレーを組むのも大変な状況ですが、ガンバレ!!





応援に行くといつも思うのが、大会を運営してくださる
方々の努力です。

昔は選手だった人たちが、教員になり、
また地元で働きながら、協力してくださっています。

雪の中の大会運営は本当に大変ですが
皆さんクロスカントリースキーを愛するという思いは一緒。

選手が事故なく、天候に恵まれて、よい記録が出れば、
自分のことのように自慢します。

おらとこの選手が、富山の選手が、活躍できるよう
皆さんと気持ちをあわせて明日も応援してきます。
富山県スキー大会のシーズンです。
富山に来たのは十年前。
子供たちは4年生、2年生、3歳・・・・

大阪の品のよい?!住宅地での暮らしを捨て、
富山でも山沿いの大自然の中での暮らし。

朝、玄関を開けると朝霧の中を日本カモシカが・・・


小学校では、クロスカントリースキーなるものが必須で、
おもちゃの板さえ履いたことないうちの子は大会へ・・・

歩き方を覚えるように夢中で雪の上を走ってました。


そんな有無を言わさぬスタートでしたが、
人生を大きく占める競技になり、本当に
楽しい思いをさせてもらっています。


3歳で富山に来て、姉ちゃんの横で雪遊びをしていた子が
今日からの富山県中学校大会で、全国大会を目指して走ります。

雪上のマラソンのような競技で、派手さはなくマイナーですが
厳しい練習環境の中がんばっている富山県の子供たちを
どうか応援してほしい。

富山県はスキーの選手育成に力を入れるといいながら、
現実は、場所や指導者の問題は切実です。

幸い、北日本新聞は大きく紙面を割いてくれますので、
どうか応援してやってください。


私も、この2ヶ月はスキーブログと変貌して応援したいと
思っています。




-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。