スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暮らしの中の景色。
RAILWAYS

先日、映画を見てきました。
富山を舞台にした素敵な映画です。

自分と重ねて見た方もいるんじゃないかな?




富山に来て10年余りがあっという間に過ぎました。
夢中で3人の子育てをし、友人ができ、
夫婦喧嘩もありましたが、家族の絆を深めてきました。

いつの間にか富山を故郷と思える自分がいることに気づきました。

そんな家族のあり方と富山の自然がまるで
私たちのドキュメントのようにスクリーンに広がっていました。


10年前と変わらず美しい景色はいつもココロを震わせてくれます。




今日は大切なお客様の地鎮祭でした。
立山の見える土地です。

神様のプレゼントかしら?
今日の立山はとても美しく、地鎮祭を彩ってくれました。



大切な景色が暮らしのそばにあることは
とっても大切だと思います。


この景色が、ご夫婦と来年生まれてくるジュニアと
猫ちゃんたちに幸せをもたらしますように。



地鎮祭の後、気になるアングルを求めて最寄の駅に・・
映画の一場面のようなショットになった、かな?!






月岡駅01


月岡駅02


月岡駅03
こんなキュートな駅舎だったなんて、映画の撮影隊が来てはじめて気づきました。




どう暮らすか・・・・の答えが明確な人は
幸せを導く力が強いと感じます。

どう暮らしたいのかを考えてみましょう。


+stage HARA
スポンサーサイト
倉敷 建物探訪
倉敷の町に下り立ったときに目を引いた建物が
倉敷市美術館


CIMG0660.jpg


外装は少し化粧直しをしていましたが、
鉄筋コンクリート造独特の力強さに引きつけられるように中に・・・



CIMG0664.jpg
CIMG0665.jpg


学生のときは、安藤忠雄さん長谷川逸子さん伊東豊雄さんの建物を
模写したり、見学したり、
その重厚さ、面白さ、軽快さを探っていたような気がします。


RC造のもつ自由さやボリュームや打ち放しの仕上げの美しさなど
空間の持つ雰囲気を味わうのが好きでした。


この倉敷市美術館は
市庁舎として建てられたのは昭和35年
美術館として生まれ変わったのは昭和58年
50年たった今でもこの空間の爽快さ・・・・


丹下健三さんの設計です。
さすが。



CIMG0662.jpg
CIMG0663.jpg


RC造ですが、格子を感じさせる窓枠、深い軒を思わせる庇。
公共建築としての誇りと倉敷を感じさせるディテール。

力は足りませんが気持ちだけは
美しい建物を建てられるよう
「こころざし」を持ち続けたいと思います。


1時間ほどの丹下健三との対話を愉しみました。


幸せな暮らし
+stage HARA
倉敷 建物探訪「大橋家住宅」その3
CIMG0679.jpg


この夏よく見かける「グリーンカーテン」

なまこ壁の見える裏庭に屋根まで伸びたゴーヤ
畳敷きの縁側でお昼寝した~い

木製の枠に少し波打ったガラスの建具もよいです。





それにしても倉敷の夏はとても暑かった。
ここ2,3年は異常な暑さだそうです。


徒然草 
家の作りやうは、夏をむねとすべし。
冬は、いかなる所にも住まる。
暑き比わろき住居は、堪え難き事なり。


クーラーなどなくても「大橋家」の中はひんやり。

富山の冬は「いかなる所にも・・・」とはいきませんが、
電気に頼り過ぎない生活を見直す必要があるのでしょう。



暮らしを見つめて
+stage HARA

倉敷 建物探訪 「大橋家住宅」その2
和室には、床の間がつきもの。

木割りや伝統のサイズがあるのですが、
いまどきの床の間は何でもありの象徴的なものとなっています。
なんといっても、大壁和室ですから。

ですが、やはり日本人なら畳の部屋を・・・・というのが多数派です。

和室の提案は苦手ですが、とりあえずいろんなものを見て、
古人のセンスを体感します。



大橋家住宅 おおざしき上の間 床の間
CIMG0681.jpg



大橋家住宅 しんざしき 
CIMG0685.jpg



格式のある本格的な床の間と、
弁柄の壁に皮付きの床柱と窓枠。
遊び心があるところも愉しい。


豊かな暮らしを
+stage HARA
倉敷 建物探訪 「大橋家住宅」
盆休みに倉敷に行きました。


倉敷美観地区と呼ばれるこじんまりとした一帯は
観光地としての工夫がいっぱいでした。


その中でも私が見たかったのは
昔ながらの住宅。


そのひとつが「大橋家住宅」

CIMG0686.jpg


倉敷窓、漆喰の壁、瓦屋根、格子
外観のバランスのよさは家の品格となります。


地域の風土や環境、材料を生かした家作りは
とても自然で大切なことだと感じました。



家創りに大切なことを求めて
+stage HARA


-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。