スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本とのつきあい方。書籍・本棚の整理収納は!?
整理収納のテーマのひとつに、書籍の整理・本棚の収納があります。

理想からいうと、買わない!、もらわない!、ですが
それこそ本とのつきあい方は人それぞれ。


幼いころの絵本から、漫画、雑誌、小説、ハウツウ本、・・・・


もっておきたい本、いつか見るかしらな本
どんなつきあい方がいいのでしょうか。


私はというと、何でも持っておきたい人です。
学生時代から見ていた「新建築」はすべて富山に持ってきたほどです。
料理や手芸の本もいつか見るかな・・・なんてね。


ですが、スペースと気持ちの負担からすべて処分。
何も困らない・・・むしろ新しい情報はわんさか溢れています。


建築も料理も流行がありますね。


捨てることでもたらされることがあるのです。





とはいっても、本屋は大好き。
2~3時間はすぐにたってしまいます。

どうしても気になるものは『出会い』だと思って購入。
セミナーなどの講師の本は図書館で予約しておきます。

そのついでに図書館の新入荷の本はチェックしてたくさん借ります。
そこから世界が広がることも。


本01




しかし、これも時間があって出来ること。
本との出会いには何に時間を使うかというバランスも必要です。



ちなみに、先日の京都からの帰りのバスでは図書館で借りておいたこちら・・・
  (行きのバスではこちら→
本03女性の生き方・・・少し気持ちが落ち着きました。





本屋さんではこちら

本02仕事に役立ちそうなものは購入。



整理収納の本に関しては、貸して欲しい!!って方もいて・・・・
そのうち、「暮らし」についておしゃべりできるコミュニティの場を
つくりますので、お楽しみに・・・



+stage HARA 
出会いの場もご提供します。




興味のある方は拍手とともにコメントで予約しといてください。
まだ、先の話ですが。
スポンサーサイト


-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。