スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暮らしの中の景色。
RAILWAYS

先日、映画を見てきました。
富山を舞台にした素敵な映画です。

自分と重ねて見た方もいるんじゃないかな?




富山に来て10年余りがあっという間に過ぎました。
夢中で3人の子育てをし、友人ができ、
夫婦喧嘩もありましたが、家族の絆を深めてきました。

いつの間にか富山を故郷と思える自分がいることに気づきました。

そんな家族のあり方と富山の自然がまるで
私たちのドキュメントのようにスクリーンに広がっていました。


10年前と変わらず美しい景色はいつもココロを震わせてくれます。




今日は大切なお客様の地鎮祭でした。
立山の見える土地です。

神様のプレゼントかしら?
今日の立山はとても美しく、地鎮祭を彩ってくれました。



大切な景色が暮らしのそばにあることは
とっても大切だと思います。


この景色が、ご夫婦と来年生まれてくるジュニアと
猫ちゃんたちに幸せをもたらしますように。



地鎮祭の後、気になるアングルを求めて最寄の駅に・・
映画の一場面のようなショットになった、かな?!






月岡駅01


月岡駅02


月岡駅03
こんなキュートな駅舎だったなんて、映画の撮影隊が来てはじめて気づきました。




どう暮らすか・・・・の答えが明確な人は
幸せを導く力が強いと感じます。

どう暮らしたいのかを考えてみましょう。


+stage HARA
スポンサーサイト


-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。