スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「暮らし」のためにできること
整理収納アドバイザーとしての勘を磨くため、
引越し業者でアルバイトをさせていただいています。

お客様のお宅に伺い、引越しの荷物を確認して、
お見積もりを提出するという仕事です。

暮らしの変化に直面しておられるという意味では、
リフォームの仕事と接客の感じは似ています。


いろいろな方の暮らしぶりを見て、
このお宅の収納はどうすればもっとよくなるか・・・・とか
この方はどんなインテリアが好みだろう・・・・とか
シュミレーションしてみます。



ですが、ほんの30分程度で物量の計算とお客様のニーズを
確認して見積もりを出すというスピード感は
まったく違います。

そして何よりも、この引越しで新しい暮らしが
よりよいものになりますようにとの気持ちを込めて、
接客させていただきます。




先日お伺いした老夫婦のお引越し先は、
都会の40㎡ほどのマンションでした。

一軒家にあるたくさんの荷物を思い出として
持って行きたいとおっしゃいますが、搬入は無理かと。


本当に大切なものだけで暮らすシンプルな暮らしは
きっと幸せです!!と自信を持ってるけど
すぐに理解してもらうのは難しいな・・・・・


どうやって理解してもらえばいいだろう。
もう少し時間をかけた信頼関係が必要だな・・・・・


やりきれない思いが残りました。

スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://yuyunasamama.blog135.fc2.com/tb.php/44-9b5531a6

-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。