スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大切な空間
ひさびさに、ぞくぞくするような住まいに出会いました。



地元で窯元をされている方のショールームでしたので
中を見せていただくようお願いすると快く開けてくださいました。

奥様と1時間ほどもお話したでしょうか。
共通の話題があったこともあり、愉しい時間と空間でした。



室内は柿渋色の軸組みにジュラクの落ち着いた色合い。
丸太の梁は手斧(ちょうな)仕上げで年輪の美しさが際立っています。

外観は真壁造、軒のラインはもちろん美しく、
苔の広がる前庭の美しさとの調和も理想的です。



数日たった今でもどきどきするほどの出会いでした。



建築を勉強し、専業主婦であったときも建物を意識しながら
今に至りますが、建築を感じることができる幸せを養ってきたのだな・・
と、それを実感できるたたずまいでした。


建築は人が造るものですが、同時に地域や自然と大きくかかわり、
住まう人が仕上げていくのだと納得させられました。


住まいは、造り手と住まい手の品格をあらわすものだと。




今の仕事で、本来の建築の美しさを出すことは難しいですが、
せめて品格のある建物を意識したいと思うのです。


それには、お客様との誠実な付き合いが欠かせないと思うのです。


営業活動の評価は数字ですが、その先には「幸せになっていただきたい」
という建築を通しての私の思いが通じるお客様がいてほしいです。



姉歯事件もそうですが、建築業界とはなんだかグレーで見積もりもあいまいで
詐欺まがいの事が絶えない感じですが、そんなはずはない。

本来建築は住まうこと、暮らすこと、生きることであるはず。
そこに、うそ偽りやごまかしがあるはずがないのです。

誰もが幸せになりたい、快適に、愉しく、仲良く、・・・
そして、そこに導くのは建築を勉強したものの役割です。



また、今度は共感できる人と一緒に大切な空間に行こうと思います。


  +stage HARA 
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://yuyunasamama.blog135.fc2.com/tb.php/65-014768a2

-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。