スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伝統構法の美
木造の多くは木造軸組み工法といわれるもので、
柱を使って家を作るものです。


そのうち、筋交やパネルによる壁量によって
成り立つものを在来工法と呼び、
金物によって木をひきつけています。


それに対して伝統構法は、構造架構すなわち
木組みによって木の力を引き出しており、
その構造美が見所のひとつでもあります。


M邸05


土台と柱、3つの部材の木組みですが、
繊細な加工によって組まれ、込栓と呼ばれる
くさびを打ち込めば、金物より力強く
美しく、長く家を支えてくれます。



M邸03



M邸04



どの順番で、何と何を組み合わせるのか・・・・
先人から伝わった知恵と技術の結晶です。


伝統構法という言葉にその思いがこめられて
いるようにも感じます。




建築の美しさも感じてほしい。
+stage HARA
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://yuyunasamama.blog135.fc2.com/tb.php/71-6420c6ea

-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。