スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
倉敷 建物探訪
倉敷の町に下り立ったときに目を引いた建物が
倉敷市美術館


CIMG0660.jpg


外装は少し化粧直しをしていましたが、
鉄筋コンクリート造独特の力強さに引きつけられるように中に・・・



CIMG0664.jpg
CIMG0665.jpg


学生のときは、安藤忠雄さん長谷川逸子さん伊東豊雄さんの建物を
模写したり、見学したり、
その重厚さ、面白さ、軽快さを探っていたような気がします。


RC造のもつ自由さやボリュームや打ち放しの仕上げの美しさなど
空間の持つ雰囲気を味わうのが好きでした。


この倉敷市美術館は
市庁舎として建てられたのは昭和35年
美術館として生まれ変わったのは昭和58年
50年たった今でもこの空間の爽快さ・・・・


丹下健三さんの設計です。
さすが。



CIMG0662.jpg
CIMG0663.jpg


RC造ですが、格子を感じさせる窓枠、深い軒を思わせる庇。
公共建築としての誇りと倉敷を感じさせるディテール。

力は足りませんが気持ちだけは
美しい建物を建てられるよう
「こころざし」を持ち続けたいと思います。


1時間ほどの丹下健三との対話を愉しみました。


幸せな暮らし
+stage HARA
スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://yuyunasamama.blog135.fc2.com/tb.php/77-e33e6444

-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。