スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京インテリアツアー 02
美術館はとても好きです。


建築や空間は贅沢で、わくわくさせてくれます。


何を見せるか、どう見せるかという
企画と施設の工夫も面白かったりします。


展示品としての絵の美しさはもちろん、画家の人生も感じると
とても興味深くなります。


ということで、どこへ行っても美術館はチェックします。





今回は

原美術館
原美術館

森美術館
森美術館

新国立美術館
新国立美術館



タイプの違う3つの美術館。


■古い建物のリユースの原美術館。

建物の持つ歴史と展示品のバランスも見所です。
スチールの窓枠やタイルのトイレを残しながら
現代美術との取り合いを楽しめます。


■六本木ヒルズの54階建てビルにある森美術館。

ビルの一部が美術館となっているので、
企画の魅力が重要。
今回の近代建築の夢はまるで建築史の模型化のよう。


■美術館のお手本のような国立新美術館。

建築家先生の手による公共建築という定番の施設。
建築として、娯楽施設として、教育施設としての魅力が必要。
黒川紀章の遺作はガラスのカーテンウォール・・・
メンテと空調は大丈夫?だよね。




夢を持てる空間を体感したい。

+stage HARA
スポンサーサイト
 
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
secret


トラックバックURL
http://yuyunasamama.blog135.fc2.com/tb.php/85-ae33a1b5
美術館はとても好きです。建築や空間は贅沢で、わくわくさせてくれます。何を見せるか、どう見せるかとい

-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。