スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
働くということ
昨日は、あまりにも天気がいいので少しドライブした後
図書館で"整理収納アドバイザー1級”の試験勉強をしていました。

図書館には私がひそかにファンであるMさんが働いています。
私より少し先輩ママさんで、富山に着た10年前からの知り合いです。
物腰が柔らかく、いつも優しくて、人を責めたりしないんだろうな・・・
と、私にないものをもってる方でうらやましい。

こんなひとがお母さんだったら子どもの育ち方も違ってたかな?
なんて考えたり。
うちの子がスキーで活躍して記事になったりするととても喜んで
応援してくれました。


そのMさんが、「予約の本、もうすぐ届きますよ!」
と教えてくださって手にしたのがこれ。

日本の会社力(2)


先日講演を聴いた() 坂本光司 さんの子供向けの本
小さな会社が強みを生かして働いていることを紹介しています。


そのがんばりに励まされ、なんだか泣けてきちゃいます。
あらためてこれから残りの人生、働くことの意味を
考えさせられます。

私はやはり人の役に立ちたい
その想いを強くした・・・・・一冊です。 (こちら→アマゾン




『幸せな暮らし』のためにきっとお役に立ちます。
+stage HARA
リフォームするなら暮らし方を考えてみて!!
インテリアの仕事をして、ずっと持ち続けていた
違和感が何なのか・・・・・いつも探っていたのですが、
最近少しはっきりしてきました。



リフォームを考えている方は何がきっかけでしょうか。

・耐震、断熱を見直したい。
・設備が古いので新しくしたい。
・同居のため間取りを見直し、増築したい。
・介護のためバリアフリーにする。

人それぞれ優先すべきリフォームの条件があります。


でも、どんなリフォームであっても
この先どんな暮らしをしたいかを確認することが大切です。


リフォームにかかる費用や精神的負担を思うと、
せっかくですので、10年~20年先までの
ライフステージの変化をしっかりイメージしてみることです。

インテリアだけでは暮らし方は変わらない。
収納だけでは自分らしい味わいある暮らしにつながらない。

暮らし方から見直し、自分らしいインテリアに
たどり着くことが出来れば、心地よい「幸せな暮らし」に近づけるでしょう。



何をどう考えるのか・・・・・取っ掛かりにくいですね。
そこを一緒に考えていけるのが私の役割かと思います。

リフォームのご予定があれば、是非ご相談ください。
+stage HARA






ところで
私が自分の家を造るとしたら

① 天然素材を使う
② 間取り・収納を見込んだインテリア

という2点を重視します。


① 天然素材を使う

天然素材を使うと価格はUPし、メンテナンスも
フリーというわけにはいきません。
手入れしながら暮らす楽しさを持てる人でないとだめですね。

ですが(暮らし比べることが出来ないので難しいですが)
新建材のいやな空気は確かに体に負担だと感じます。

部屋に1面でも珪藻土の壁があるといやな臭いは消えます。

何を選ぶかは情報がないと無理です。
その情報を提供できるよう、日々学んでいます。


② 間取り・収納を見込んだインテリア
生活のしやすさは動線で決まります。
どんなライフスタイルかで間取りとなります。

その動線に沿った収納が理想です。

ここまでくればなかなかの暮らしやすさが得られますが、
せっかくなら自分らしく・・・・・をプラスしたい。

基礎である間取り、収納をしっかりして、
それを彩る化粧がインテリアといったところでしょうか。


ここまでたどり着けるアドバイスを目指しますよ!!
+stage HARA



まだまだ、お伝えしたいことはたくさん!!
モチベーションUPのために拍手お待ちしています。
インプットの嵐です。
大阪で整理収納アドバイザーの講習を受けてきました。

38人が5グループに分かれ、我々Aグループは7人で関西圏の方
岡山の方、そしてはるばる富山の私。

専業主婦の方、会社員の方、事業をしておられる方、
いろんな立場ですが、同じグループになったご縁で
話し合いや共同作業を通して仲間意識が芽生え・・・
年齢も幅がありますが、皆さんかわいい方ばかり。

これからもよろしくね!!

整理収納という理論との出会いも、
同じ目標を持って集える仲間との出会いも、
ホント刺激的です。


試験にはプレゼンもありますが、関西圏組は集って
予行練習するという団結ぶりです。
残念ながら遠い私は参加できませんが、がんばりましょうね!!


2日間でインプットしたことを
来月の試験ではアウトプットできるように復習です。





この後 富山での講演に参加しました。

ミキハウスの        木村皓一さん
ワークライフバランスの 小室淑江さん
法政大学院教授の     坂本光司さん


生の声を聞き、しゃべり方しぐさを体感すると、
皆さんのすばらしさをひしひしと感じます。



関西弁で謙虚な姿勢だけど大胆な手腕が頼もしい木村さん。

美人で流暢なしゃべりに才気とユーモアを感じる小室さん。

笑うこともなく淡々と語り続ける中に強い信念を感じる坂本さん。


立場も分野も違う三人の共通点は
社会のため、人の幸せのために働くこと
どんな時代でもどんな世の中でも普遍の真理。

誰かの役に立つこと。それが生き甲斐です。





「幸せ」な「暮らし」にお役に立ちます。
+stage HARA
一大事ですが決定しました。
富山のサンフォルテで8月からお世話になった

ちょっこり起業応援講座

ほんとにちょっこり暇つぶし・・・・いえいえ社会勉強のつもりで
覗いた講座から、こんな展開になろうとは。

初回、富山で起業を目指す女性がこんなにたくさんいることに
驚きでした。そしてすでに活動している方もたくさんいて。

さまざまな業種があること、子育てや体験からの気づきで
皆さん突き動かされるように始動していること、
今からでも遅くないこと、自分のペースが必要なこと、

何よりもこの出会いが大切って事。



昨日は事業計画の発表会でした。20人の方の
一人5分という短い時間の発表、皆さんの夢や目標を聞いて
自分も元気をもらいました。

私は起業するのかしないのかという大前提が決断できず、
歯切れの悪い発表になってしまいました。

言うべきことの半分もまとめ切れなかった。
もう一度発表するつもりでまとめ直してみます。



その日の夜、
ダンナにそれこそ一大決心で起業してみようかと相談しました。

カンパツいれず

ダンナ 「やってみれば、あんた楽しそうにやっとるよ。」
ワタシ 「えっ、そうなん? だいじょうぶかな?」
ダンナ 「やってみんとわからんじゃろ」

ということで、あっさり   決定。

結構自分なりに苦しんで起業を考えていただけに
楽しそうに見えてたのって そっちにびっくり!!


長女に電話で報告すると
 「でっ 父さんはなんて?」
 「やってみればって・・・・」
 「あほや!!」

と、自由奔放な両親に半分あきれかえっていましたが、
とにもかくにも決定しましたから、今日から準備です。

事業計画を書き直して相談に行ってきます。
住育とは幸せに暮らすということ
コミュニケーション能力・・・・とても大切で、
求められる能力ですが、私にとっては不得意分野です。

ハウスメーカでインテリアコーディネーターとして
働いてきたことはとても勉強になりました。

商品知識やコミュニケーション力を鍛えられました。
話し上手、聞き上手、仕事では聞き出し上手である必要があります。



お客様とうまく話せるようになり、楽しく打ち合わせすることができるにつれ
なんだかしっくりしない気持ちを抱えることになります。

会社ではお客様を一番に考える・・・・・という建前ですが、
クレームの出にくい材料で、効率よい施工、打ち合わせは短時間で
夢を持たせて楽しんでもらう。

本当にお客様が求める幸せな暮らまで踏み込めない。
そんなことを聞き出す時間はないのです。

リフォームしても たくさんの“物”が溢れて、新調した床が見えないほど。
リフォームしても 親との同居に不安を抱えたままの新生活。

大きなお世話ですが、幸せな暮らにつながるのかという
自問自答のもやもやが溜まっていきます。



何とかそんな問題に答えたいと『整理収納アドバイザー』という資格を取りました。
そのスキルはとてもシンプルです。誰にでもできる簡単なことです。

しかし、ひとの暮らしに向き合うことは、ひとの人生に向き合うということで、
どう生きるかを確認することが、難しいですが大切なことです。


インテリア・収納・間取りといった専門知識を持ちながら
幸せな暮らを施主の立場でいっしょに見つける手伝いができれば・・・・

その、建築と暮らしの「仲を取り持つ」という仕事が
建築の勉強をし、専業主婦として3人の子育てをしてきた私にできる
誰かの役に立てる仕事であり、人生の目標になると思っています。




今日のブログがこんな内容になったのはある女性の話がきっかけです。 住育研究所
住育という言葉はパフォーマンス的ですが、私がぼんやり整理できずにいた考えを
代弁してくれたという感じです。

きょうのTV番組でも放送されるそうです。
NHK ドラクロワ 午後10:55~

家を大切にする富山の人たちと幸せな暮らしについてコミュニケーションできれば
と考えています。

インテリア収納プランナーという肩書きも
+stage HARA(プラスステージはら)という屋号もそんな思いを込めています。
 ここから→




ご意見あれば何でもお聞かせくださいね。
拍手していただければコメントできます。


-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。