スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伝統構法の美
木造の多くは木造軸組み工法といわれるもので、
柱を使って家を作るものです。


そのうち、筋交やパネルによる壁量によって
成り立つものを在来工法と呼び、
金物によって木をひきつけています。


それに対して伝統構法は、構造架構すなわち
木組みによって木の力を引き出しており、
その構造美が見所のひとつでもあります。


M邸05


土台と柱、3つの部材の木組みですが、
繊細な加工によって組まれ、込栓と呼ばれる
くさびを打ち込めば、金物より力強く
美しく、長く家を支えてくれます。



M邸03



M邸04



どの順番で、何と何を組み合わせるのか・・・・
先人から伝わった知恵と技術の結晶です。


伝統構法という言葉にその思いがこめられて
いるようにも感じます。




建築の美しさも感じてほしい。
+stage HARA
上棟
ダンナの仕事場を見学してきました。

今日は特別の日・・・・・・
大工にとっては晴れの舞台でしょうか。




組みあがっていく姿は圧巻です。
M邸02


こつこつと刻んだ材料を並べ、

手際よく下で準備し、

クレーンで吊り上げ、

組んでいく。



アンカーボルト以外の金物は使っていません。

すべて、木と木の組み合わせ・・・木組みです。



伝統構法と呼ばれる構造です。






これから2代、3代と受け継がれていくにふさわしい
本物の家といえるでしょう。


M邸01





詳細はまた追って。


幸せな暮らしを
+stage HARA
流行の家作り!?
敵を知る!?ということで、住宅展示場なるものに言ってきました。
30社近いハウスメーカーが総力を結集してすばらしいモデルハウスを
造っているはずですが、・・・・

なんだかぴんときませんでした。
同業者なので中を見るのも申し訳なくて・・・・

外観中心に観察してきましたよ!


078.jpg 076.jpg 075.jpg
074.jpg 073.jpg 050.jpg
051.jpg 053.jpg 055.jpg
044.jpg 045.jpg 047.jpg
048.jpg 049.jpg 071.jpg


家構え・・・・大切だと思います。
玄関は特に「気」を呼び込む場所。

主の顔とも言える外観は、かっこよく決めましょう!


+stage HARA

隈研吾さんの「クレオン」 見学会
ICCトヤマでは、素敵な方がたくさん活躍しています。

そのなかのお二人とは、今月で2回目の勉強会という名の
ランチ会をご一緒させていただきました。


女性として、母として、社会人として
一生懸命生きてる仲間とのおしゃべりはとても刺激的!


自分の思いも聴いてもらうし、どう感じるかも教えてもらう。
なんか、素直になれるお友達です。


ちゃ--んと、勉強もしてますよ!!


隈 研吾さん設計の  「呉音 クレオン」   こちら→





CIMG0300.jpg 模型 CIMG0307.jpg 実物





CIMG0287.jpg 模型 CIMG0308.jpg 実物





CIMG0301.jpg 模型 CIMG0298.jpg 実物





こうして比べてみると、模型のイメージそのまま形になっています。
エスキスでの模型がとても有効だとわかります。


実感としては、もっと大きいかと思いましたが、
結構かわいいスケールでした。


ガラスで囲まれた店内は夏の空調が心配・・・
裸電球もエコじゃない・・・・



と、あーだこーだと意見を言い、空間を楽しんだら




ランチでしょう!!


ストウブ料理料理 CIMG0304.jpgデザート






おなかも心も満たされて、休日の昼下がりはあっというまに時間がたち、
それぞれ、子供の送迎にと・・・・母に戻るのでした。



来月は、ハンターダグラスのお勉強を予定してます。




プロとして豊かな空間を創造します
 +stage HARA

金沢21世紀美術館ってどう?
建築のノーベル賞ともいえるプりツカー賞を
日本のデュオ建築家ユニット NASAA が受賞しました。
5550575.jpg


受賞のきっかけとなった建築でもある
金沢21世紀美術館
museum-daytime01-ss.jpg






オープンのとき以来、また行ってきました。

雪の中の白い美術館もまたよいものでした。


前回は建築構成がわかっていなくてただ見てきた感じでしたが
今回は前より空間を楽しんできました。


空間から空間への移動がもうすでにドキドキさせる仕組み・・
そこにわけわからん現代美術が加わって、きもカルチャーを
味わってきましたよん。


そして、もうひとつのお勧めは、ランチ!!
バイキングで¥2,100と少し高めですが
それだけの価値ある内容のお料理。


前庭のアートを見ながら
とってもおいしいランチ&デザートでした。



21美ランチ01
プレートが絵の具をのせるパレット型です。


21美ランチ02


交通費や入館料なども合わせて考えると、
こんなデート、プチ記念日にでもいかがでしょうか。


私は自分のリセット空間として満喫してきました。



-     方位学-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。